COMPARE
滑り止め徹底比較

安全対策を考えるなら、効果·コスト·耐久性に優れた実績のある滑り止めを!

機械設備や工具を数多く備えた工場内での転倒事故は、重大な労災事故に発展するケースも少なくありません。
その対策として、今日ではさまざまな企業が水や油、粉塵などに配慮した滑り止め製品や工法を開発しています。
こちらでは、株式会社伊藤がそれらの滑り止め対策をタイプ別に徹底比較してご紹介します。

工場用滑り止めをタイプ別に徹底比較

くつ底キャッチャー

滑り止め加工を施したステンレス材を固定して足の裏と床の間の摩擦力を高める方法。

効果 コスト 耐久性

非常に高い効果がある

初めの購入時に費用が発生しますが、長期的に考えるとコストダウンになる

交換不要で長期に使用が可能

サンドブラスト加工

細かい砂や研磨剤を表面に吹きつけ、細かな傷をつけることで摩擦力を確保する方法。

効果 コスト 耐久性

ある程度効果がある

施工の手間がかかるので高価

施工面自体を劣化させてしまう

ジェットバーナー加工

床や階段の表面をバーナーで焼き、急激に冷やすことで傷をつけて滑りにくくする方法。

効果 コスト 耐久性

ある程度効果がある

施工の手間がかかるので高価

施工面自体を劣化させてしまう

酸性溶液

酸によって床や階段の表面を溶かし、凹凸をつけて滑りにくくする方法。

効果 コスト 耐久性

ある程度効果がある

施工の手間がかかるので高価

施工面自体を劣化させてしまう

塗装

滑り止め効果のある塗料を表面に塗って摩擦力を高める方法。

効果 コスト 耐久性

あまり効果がない

施工の手間がかかるので高価

比較的長期間使用できる

滑り止めテープ貼付

滑り止め効果のあるテープを貼って摩擦力を高める方法。

効果 コスト 耐久性

ある程度効果がある

安価

すぐに劣化してしまう

伊藤のくつ底キャッチャーなら

当社が1年がかりで開発したステンレス製の滑り止め「くつ底キャッチャー」は、高い滑り止め効果はもちろん、さまざまな面で多くのメリットを得られる画期的な製品です。
比較的かんたんな工事で設置できるうえ、半永久的に使用することが可能なので、長期的に見ればコスト面やメンテナンス負担の面でもアドバンテージがあります。
工場での労働災害のリスクを限りなくゼロに近づけるために、確実な効果を得られる滑り止めを選びましょう。